美髪・艶髪・髪質改善・縮毛矯正・ストレートパーマのスペシャリスト本田寿雄 Blog/ver.5「美髪創りにはシャンプーが大事!?」

皆さんこんにちは!!

Shampooの役割りってご存知ですか??

大体のイメージでは何となく知ってる方も多いと思います。

以外と美髪を創り上げる中でも大事な行程の一つがシャンプーの役割です。

ここで間違ったシャンプーの仕方や良く無い成分を使っていたら積み重ねた美髪も一瞬で台無しになってしまいます。

百日説法屁一と言えるくらい大事な部分になります。

今回はシャンプーの役割、成分、どういう物を使ったら良いのかというところを説明していきます。

①シャンプーの役割

 

・頭皮の毛穴や地肌に付着している脂やホコリ汚れを落とす。

・ヘアーWaxなど髪に付着している汚れを落とす。

・頭皮の環境を良くする

主には、汚れを落として頭皮から毛髪への栄養の循環をよくする目的となります。

ここが疎かになると脂汚れが毛穴につまり毛が細くなったり、抜け毛の原因となります。

美髪に導くための土台となります。

②シャンプーを使うにあたり注意したい成分

シャンプーの役割の所で脂汚れを落とす事が大事ですとお話ししましが、お肌と同じ様に洗浄力が強い洗顔や合わないものを使うと突っ張ったり、湿疹が出来たりします。

頭皮にも全く同じ事が言えます。

まず湯シャン(38度位のお湯でしっかり流す)だけでも6割~7割位の油汚れは落とされます。

なので残りの2~3割くらいの汚れをシャンプーの泡で包み込む様に落とせばよいので強い洗浄力はそこまで必要にはなりません。

※頭皮の環境によっても変わります。

・強い洗浄成分のデメリット、メリットとは??

市販されてるシャンプーに入ってるメインの洗浄成分

ラウレル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、オレフィン酸などが主に使われている高級アルコールと呼ばれる洗浄成分になります。

メリット→安価である事、泡立ちが良い、汚れが落ちる

デメリット→余計に皮脂を洗い流してしまい頭皮環境を悪くさせる恐れがある。髪の毛に刺激を与える。

・親油性シリコンのメリット、デメリットとは?

ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランが入っている事が多いです。

メリット→光、熱からの刺激がら守ってくれる。髪のコーテイングにより手触りが良くなる。

デメリット→栄養が浸透しずらくなる。毛穴に詰まりやすくなり痒みや、抜毛の原因になる。コーテイングするメリットもあるが流すときにキューティクルを一緒に剥がしてしまう。

これらの成分が入っている事で頭皮や髪に刺激を与えダメージにもなりかねません。

買う時には裏の成分表示をチェックしてみると良いですね。

③シャンプーの洗い方

まずは、湯シャンでしっかりと髪に付着した埃や頭皮の脂を流しましょう。

次にしっかりと泡立てます。泡立て方としては空気を入れるイメージで円をかきながらすると泡立ちが良くなります。

泡立ったら手を軽く開き指先の腹で生え際から頭の頭頂部に向かって頭皮を動かす様に優しく洗う。

この時に爪を立てたり、強く擦ると毛細血管を傷付けたり、頭皮を傷めたりする原因になるので注意しましょ!!

全体的にマッサージしながら洗ったら始めに湯せんした時のようにしっかりと洗い流して下さい。

流し残りがあるとベタつきになった理する原因にもなります。

④本田オススメのshampoo

OrganicNote moist shampoo

・低刺激

・低洗浄力

・ペリセア(アミノ酸系補修成分配合 )

・リピジュア(ヒアルロン酸の2倍程の高い保湿力がある)

などなど他にもいろいろな良い成分が配合されておりダメージ補修にも、頭皮への刺激も低く、しっとりと仕上げるとてもバランスのとれたシャンプーですよ!!

御参考までに!!

では明日も美髪に!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です